何ケ月ぶりだろう

9月19日(土)Jポイント 曇り断続雨 平温 北無~微風 16尺 1枚 1/1

今日は雨の予報だったが、明日よりは少ないと言うことで出漁。風が山背の予報だったので東岸をチョイス、Jポイントへ行くと全面にアオコ、そして水位は先週と変わらず昨年より1尺高い、どういうこと・・

取敢えず上から下まで見て歩いたが、魚類の気配は全く無く、南側に亀助が1匹だけ浮いていた。暫し迷ったが、下流域も見てから決めるべく最下流まで行くと、流出が止まっていて、風下のためアオコはJポイントより濃い。今年は例年より少ないと思っていたが、流出が止まるとやはりこうなるのだ。だめだこりゃ

と言うことでJポイントに戻り、さーて何所にしょうか・・、昨年より1尺高いため、16尺を振れる所は限られる。しかしエプロンの水深を測ると、長靴は潜るが釣台は潜らない、ならばとど真ん中の出っ張りをチョイス。

昼過ぎから雨の予報なので勝負を早くしないと、雨待ちになり活性が落ちるだろう。とグルバラとマッシュのバラケが早い餌を作りバンバン打つ。すると1時間弱でジャミのサワリが出始めた。がーー鈎がデカい8号なので銜えない。

2回目の餌はグルバラと尺上をブレンドした柔らかい餌、するとワタカの集中攻撃、鈎がデカいので喰っているのは半分だが、毎回のように掛かって来る。ここでインターバルを長目に取るとーー初めてそれらしいアタリ、がーーギルだった。

漸く魚種が変わったので期待したが・・・なかなか3種類目が来ない。曇天で半節の「フアッ」としたアタリでは、かなり集中しないと取れないので、次の餌はもう少し硬くしよう・・・すると、その「フアッ」でのったーーーこれ何ケ月ぶりだろう。

雨は午後からの予報だったが、昼前から断続して降り始めた。1枚出たから上がるか・・そうはいかない、久しぶりに出ると欲も出る。3回目の餌はグルバラに巨ベラの少し待てるヤツ、ところがこれが失敗だった、底まで届くと何の反応も無い。

それでも8寸のヒゲ子が来たので、暫くは粘ったが・・・断続して雨は降るし、その都度中断を余儀なくされ、棚を少しづつ上げた。すると1本までジャミの集中攻撃が有り、そこから下は何の沙汰も無い。もう少し天気が良ければまだ少し粘れたが、今シーズン初めてだし、次回までに作戦を練り直そう。

PS: 永田町の歴史には勇退の美学と言う格言は無いのだろうか。今、年長の方々もかつては先輩からチャンスを与えられたお陰で今が有ることをお忘れなのだろうか。

「そろそろ若い人に経験を積ませて、オレは今回から1線を退き補佐に回りたい」と何故一言言えないのか、それが男の美学ちゅうもんやないんかい・・やっぱ趣味が無いとか他にやることが無くて、何時までもぶら下がってるしか無いんじゃろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrightc 2013-‘2024’ heraworld All Rights Reserved.