大漁ではあったが

カモのつがい8月23日(土)Fポイント 曇り 平温 南東の風普通 11尺 5枚 1/1

今日はGポイントへ寄らずに、前回釣果が有ったFポイントへ真直ぐ行った。Gポイントには1人入っていたが、ジャミの猛攻に遭ったと言って昼前に上がった。

1投目からジャミ当りが有り餌が底まで届かない。そして、最初に来たのはヒゲの兄弟で、その後ニゴイが5個ほど来てようやくチャンが1枚来た。そしてまたニゴイが続き、今日はニゴイだけで20匹以上釣り上げた

ネツトで見ると鮎より美味いと言うところも有るが、今のところ食べてみたいとは思わない。確かに鮎であれば丁度食べ頃の大きさだ。

餌はLL、底ダンゴどちらもOKで、当りが遠のいたら、底ダンゴを付けると直ぐに寄って来る感じであった。朝一はLLで魚を落着かせ、ピツチを遅くして、ヘラを寄せるように餌打ちすると良いと思う。

結局ニゴイの間に9寸クラスを5枚上げたが、流石にお盆が過ぎて当りも小さくなり、そろそろ秋本番に突入という感じだ。

どうしても人間は最高、最低気温に惑わされるが、自然界は気温と日照時間で動いている。だから春先人間はまだ寒いと思っていても、桜の蕾はいつの間にか大きくなっているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrightc 2013-‘2024’ heraworld All Rights Reserved.