折れた竿を繋いだ人が何人も居る

10月10日(日)サブH 曇り時々晴れ 不定 無~微風 平年高 14、15尺 1枚 2/2

今日も南岸を目指して行くとNさんが既に準備完了間近😉「昨日〇〇へ行ったら激渋で今日も来たよ」今日はNさんが先週入ったブロックで並んでやることにし、間を6、7m空けて釣台をセット。😀

始めて入るポイントなので果たしてナンボのものか😶・・今日は鈎を6号の06に変えた秋仕様の14尺で始める。Nさんはスタートから合わせているが、まだカウント出来るサイズは来てない模様。😉

こちらも餌を付けて底を測ると、先週のポイントより20cm位浅い。Nさん「先週より水が落ちたね」五魚は先週のポイントから離れているので良く分からないが、同じポイントへ入った人が言うのだから間違い無い。😐

そのせいか先週に比べるとアタリが少ない、鈎が小さくなり餌も小さくなったので手返しは早くなったのだが、”モジモジ”と”ファファ”だけでらしいアタリが一向に無い🙄🤔。それでもNさんは7、8寸を拾うからスゴイ。ワシにはアタリの見分けが出来ん。😂😪

ならばと、片っ端から合わせてみたが、来るのは佃煮と甘露煮だけで、やっぱオレにはNさんの釣りは出来ない😅😥。ヘラが居ないんじゃろか・・それとも喰わないのか・・流石のNさんも「今日は渋いなぁー

餌が切れた処で車に戻り昼食後戻って来ると、Nさんが竿を長くしている「いくつ・・」「18尺」また一気に伸ばしたねー😗。そして3、4投目に!!ビシッ!!合わせるとーー尺上😮!!エーーぶったまげたー!!🤩それを見た五魚はすぐに15尺に変更(2本しか竿を持参してない)そして漸く1枚ゲットしたが後は甘露煮しか続かない。🤨

常に飽くなき探求心を持っているんだ。確かに五魚も最初来たばかりの頃は色々とやったが、今じゃ諦めて近くの草刈り位しかやらんようになってしまった😁。。。しかし流石のNさんも後が続かず、2人で少し長ーーいトーク。😗🙂

道具のこと、ホーム(砂沼)の近況や近くの釣り場(穴場)のこと。道具と言えば”もどきグループ”には折れた竿を繋いだ人が何人も居るとか、いやー百戦錬磨のグループには多才な人が居ることを聞いて今更ながら驚いた。😮🤨😉

そして「知り合いがここで週中に、バサーが43のヘラを上げた処を見たらしい」「測って確かめたと言っていた」😮それで午後から一気に18尺を出したのか、成程🤔。そう言えば五魚も最初に来た時「40上も居る」と聞いてここでやり始めたのだった。😋

午後から西側に2人入り、その内の1人が12、3尺位の竿でコンスタントに絞っている😗。「あそこには居るんだねー」「やっぱ場所なんだよ」「オレが入った時も50コ位来たけどヘラは1枚も居なかった」魚の種類は見ないと分らんな・・😎

本日は“見込み薄”と見て2人共4時に上がり、帰りに1モク点けて暫く観察したが、今日は全くと言って良いほどモジリが出なかった🤨🤔。どうしたんじゃろ、時々こういう魚が殆ど居なくなったような日が有るけど、分らんな・・・🙄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrightc 2013-‘2024’ heraworld All Rights Reserved.