数年ぶりに本流へ

3月14日(日)サブK 晴れ 西北西中強 平年高 13尺 1枚 3/3

今日は数年ぶりに本流へ、これも数年ぶりにミニの釣台と大昔作ったカンザシ浮子を持ってイザ。川面から堤防の上までは10m以上有るがカートは引けない、しかし道具は1度に運びたい。ならばと道具箱、竿、竿受け、浮子は1本だけ持って降りる。😅

岸に着くとバサーが2人「この辺にヘラ居る・・」「下の方でヘラか鯉釣りをしているよ」取敢えず100m程調査後淀みの有る所に入るが、水面からは1m有る。これじゃ釣れても上がるじゃろうか・・余計な心配だ。😅

まず深さを測るため空鈎で投げると1投目から根掛かり、懲りずに3回投げたら3回とも根掛かりして鈎を1本ボツ。すこーし考えたら流れて来たゴミが淀みに溜まっているのだろう、ダメだコリャ。😂

と言う事で100m程下って行くとへら師発見「今日は普段より20cm位水位が上がったけど、ニゴリが入ったんでどうだか・・」情報収集後10m程上流側の流れが有る所へ入って始めると・・・1番大きな浮子を付けても、しもって浮子が見えなくなる。😥

ここで根本的な間違いが。川の流れが北から南なので、今日の予報西北西の風ボーボーには丁度いいだろうと思って来たが、座ってみると川は北から南南東へ流れていて、風が上流から吹いて来る。再びダメだこりゃ🤣

ここで助を求めると「あそこの柳の木の下に少し淀みが有り、根掛かりも無いよ」ありがとうございます。何十年ぶりに来たら初心者と同じだ。と言うことで2回目の引越しで更に50m程下り、着いてから2時間半で漸く餌を付けて第1投😅。最初は念のため1本鈎のままやると、ここでもやや流されてしもるが、どうにか釣りにはなりそうだ。😗

しかーし、1尺位流されるのがマズイのか、魚が居ないのか、全く何の反応も無い。バサーが居るのだからバスも居るのだろうが・・・どっか釣れる所は無いんじゃろか・・🙄。すると通りかかった時!ここが良さそう!と思ったが、遠慮した所へ1人入った。

午後からはグルテンにグルバラを一つまみ入れ、鈎も2本にして更に浮子はカンザシ浮子に変えてみた。が・・・変わらん😯。だいたい数十年ぶりにカンザシ浮子を使ってみたが、これってアタリ判るんじゃろか・・見るからに感度悪そうだけど・・・😗

すると真ん中に入った人が絞った、ヘラだしかもかなりの大物のようだ。10m以上離れているので詳細は不明だが、先に入っていた人とはお仲間らしく、結構盛り上がっている。やっぱ居るのか🙄・・すると2人はポツリポツリ絞り始めた。

カンザシではアタリが分らないのか・・と「ツツ」初めてあたった😙、なんだ十分判るじゃねーか、がカラ。漸く少しは寄ったか・・しかーしこのカラが2時間で4回、何かが違う・・・そして遂にラスト1投(日陰になるとモロ寒い)来週は何所へ行こう。。。😥

すると2節の「2段落とし」のったー🤩、重い、ヒゲか・・ヒゲにしては少しおとなしいようだが・・・本流で1本、13尺じゃギリだな・・・延されそうになりながら漸く上げて見ると・・・!!本物だ!!😍砂沼の最近の半ベエとはチト違う

PS: 自分ではヤホーと比べても重いとは感じないのだが・・・「人気の記事」用プラグインが「サイトのパホーマンスを維持するためこちらをご覧ください」と言うのでキャッシュを削除したり色々とやったが消えないので削除しました

そして新しいプラグインを入れようとしたが入らない。G社の進化にはもう爺は付いて行けないと思いつつも何度か挑戦しました。ところが先日あるサイトを見ると「バグが出て使えない」と言う、どしたらいいんだべー😥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrightc 2013-‘2024’ heraworld All Rights Reserved.