釣り仲間だ

梅が満開になり桜が追いかける

2月28日(日)Jポイント 快晴 南西⇒南無⇒中強 平年並 13尺 完凸 0/1

最近半ベエばかりなのでたまには美形なヤツも釣りたいと思い、以前越冬水位が今と同じ位だった頃人気の有ったJポイントへ行った。着くと陸っ鈎は1人も居なかったが斜向いに舟が1杯だけ、しかしこれがヒマそうなので、辺りの水位が下がった水際を暫し撮影。😉

予報は南風だったが朝の内は西からの微風だったため、杭が2本出た南西向きをチョイス。杭の横1.5mの所を狙って13尺で始めると、底までは1本プラスのようだが、バランスで打つと毎回浮子の馴染み巾が違う、もしかして泥だらけ・・🙄

23日は暴風で釣れたがやはり風が無いと活性は上がらないのか、それとも場所か・・恐らく両方だと思うが、限界水位まで落とした今、陸っ鈎で1本以上取れる所は限られる。ウダウダやっていると、まだ昼前なのに前の舟が昼寝を始めた。ダメだこりゃ・・・😅

昼過ぎになると南風になりやや強くなって来た、それでも魚信は全く無く寒さが身に凍みる🤐。つうことで風裏へ移動を決断、しかーしあまり回り過ぎると1本取れない、仕方なく1本ギリの所まで移動。

幸い根掛かりは無かったが気配も出ない。暫くすると後ろから何やら声が、振向くとヒヨコのバサーが「これ直してください」🧑と言ってバックラッシュしてグチャグチャに絡まったリール竿を出した。直してって言われてもどうしろっちゅうねん。🤔

「こういうのは自分で直せないと釣りは出来ないんだよ」😗と言いつつも同じ釣り仲間だ、だいたい辺りにバサーは結構居るのに、なんで選りによってヘラ釣りをしているワシに頼む訳・・🙄もしかして背中に「人畜無害」の文字が出ているのか・・🙄

ヘラの道糸でさえお祭りになったら厄介なのに、リールに絡まった糸など解ける訳が無い、でも使えない部分だけ切り取ってやったら「ありがとうございました」と言って帰って行った。ルアーは無かったから今日はもう上がりだな・・・😉

お陰で少し暇つぶしは出来たがワシも早上がりだ、考えてみたら3週間前にここでやった時も何も無かった。いくら同じ場所で続けるのがイヤだからって、完凸では・・・😶

水位は下げ止まりしたようだがニゴリはまだ残っている、これで本当に水質は改善するのだろうか・・🙄

PS: ここ2、3年毎年のように今頃になると花粉症のような症状が出るので、ググッてみたら発症率が高いのは低年齢層だと有る。わし逆行しとるんじゃろか・・😅確かに23日はかなり飛んでいた感じだったが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrightc 2013-‘2024’ heraworld All Rights Reserved.